エフコロ あたまガバガバインターネット

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフコロ あたまガバガバインターネット

POMPのF年(2017年3月卒業)による新時代のウェブメディア。

追いコンバンド紹介⑥ デブパレード(デブ)

伝説のバンド、再臨。

 

(再臨:キリスト教神学の⽤語。復活し、天に昇ったとされるイエス・キリストが世界の終わりの⽇に、キリスト教徒 を天に導き⼊れるため、また、世界を義を持ってさばくために、再び地上に降りてくること。)

f:id:POMPoikon2017:20170216203850p:plain

(※イメージ図)

 

 

 


2014年夏合宿。

嵐のごとく現れ、観衆を熱狂の渦に巻き込み去っていったあのバンドが、

 

満を持して、

 

追いコンに、

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170216203642p:plain

…………………

 

 

来る!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170216203601p:plain

(※イメージ図)

 



メンバーはご存知、

 

Vo. ⾚いデブ(少し痩せた)

 

MC. ⻩⾊いデブ(かなり太った)

 

Gt. 緑の思考デブ

 

Dr. ⽩い元デブ

 

に加え、我らがエロメン

 

Ba. ⻘いデブ a.k.a 激ヤセくん

 

が今回初参戦!!!!!!!

 

そのエロい指回しで優勝させてくれること間違いなし。

 

 

 

Key. Special Thanks 野村も迎え、

 

その他Specialなguestを画策中。乞うご期待。

 

 

 

 

 

それでは⾏くぜ

 

追いコン随⼀のブチアゲアゲアゲバンド、

 

その名も

 

 

 

 

ʻʻʻʻデブパレードʼʼʼʼ

f:id:POMPoikon2017:20170216203958p:plain



(要予習。CDは2枚しかないです)

追いコンバンド紹介⑤ ドリームガールズ(原田F)

はらだは追いコンではドリームガールズバンドをやります!

 

☆メンバー

Vo.はらだF
Vo&Cho.真帆さんG
Vo&Cho.モモエE
Vo&Cho.さやなぎさんA
Vo&Cho.なみみG
Cho&Per.かねこっくすG
Gt.やまねD
Ba.まーたんF
Dr.ゆふさんA
Key.すみのE
Key.ばーなD
Tp.もとこF
Tp.まさしC
Tb.長津さんA
A.sax.きゆF
T.sax. しばさんA

 

 

MOTOWNをモデルにして作られたミュージカルのドリームガールズの映画版の曲をこれでもか!ってくらいメドレーにやります!一曲一曲が短いですが、盛り上がる曲、ジーンとくるであろう曲、様々やるので楽しみにしておいてください!

 

 

このバンドはわたしがD年の時の夏合宿に演奏したもので、半分くらいはその時のメンバーと一緒です!それ以外にも今回はボーカルをわたし含め6人ホーン隊を5人呼びました!

 


果たしてラパンのステージに全員乗るのかはわからないです!笑

おそらく今回の追いコンバンドで一番メンバーの多い大編成16人バンドなので頑張って盛り上げます!

 

 

動画を貼っておくので予習よろしくお願いいたします🙇

 


 

 

 

追いコンバンド紹介④ 片平里菜(森F)

毎日おつかれさまです。みなさまいかがお過ごしでしょうか。


ご無沙汰しております。森杏樹Fです。


私はこの度追いコンでバンマスを務めます。約2年ぶりくらいのライブです。

ちょっとどきどき。片平里菜をやります。そんで1曲だけaikoもやります。(ずっとバンドで歌いたかったかぶとむし)

 


メンバーはまにこ、けんちゃん、げんさん、こいけ、しみず、なったん。
全員F年です。追いコンっぽさ出ますね。

 

 

せっかくなので、ここで片平里菜というアーティストを紹介します。とっても素敵なので!

 

 


代表曲。洋服屋さんで流れてたりするのでなんとなく聴いたことある人もいるかも。

 

 

途中のピアノのねこふんじゃったとかライターの火をつける音とかかわいい。聴くほど良い。こういう雰囲気好き。

 

 

MVの成田凌くんがかっこいいから見てほしい。代々木公園。

 

 

 

透きとおった歌声をたっぷり聴けます。好き。

 

 

他にも最高の仕打ちはアコギの音色といつもより力強くて伸びのある歌声が最高だしBADGIRL、love takes time(追いコンで歌います)などなど良い曲がいっぱいあります。

 

 

あとはなんだろ。
彼女は24歳で、毎週木曜日FM横浜22:00〜23:00にカタコトラジオという番組を持っています。のんびり楽しいよ。
いつもradikoで聴いてます。宣伝。

 

 

そんなところで…
追いコンに来てくれる人たちや録音を聴いてくれる人たちに少しでも楽しんでもらえたら良いなあと思って練習しております。

 

3月5日日曜日。
ラパンエアロでお待ちしてます。

【疑問】バースデーサプライズはサプライズなのか?

 
こんにちは、小田です。
 
 
突然ですが皆さん、バースデーサプライズされてますか?
 
 

f:id:POMPoikon2017:20170207222834p:plain

みんなと遊んでいたら不意に照明が消え、
 
流れ始めるバースデーソング、
 
そしてどこからともなく運び込まれるケーキやプレゼント…
 
 
 
素敵ですね。
そして誕生日を祝われた人はこうコメントすることでしょう。
 
「まさかサプライズしてもらえると思ってなかったから嬉しい!」
 
嬉しいですよね。
 
まさか、みんなが裏で用意をしていて、こんな風に誕生日を祝ってくれるなんて…
 
 
 
 
 
 
しかし、僕はふと、こう思ってしまいました。
 
 
 
誕生日にサプライズされてもそこまでサプライズじゃなくないですか?
 

f:id:POMPoikon2017:20170207225613j:plain

 
 
自分の誕生日に、何かのイベントで友達と一緒にいるとき、
 
「まさかないだろうけど、サプライズしてもらえたら嬉しいな…」
 
などと思ってしまったりしていませんか?
 
(していなかったらすみません)
 
 
 
そんな心持ちの時に"サプライズ"をされても、
 
「驚いた」よりもむしろ「ホッとした」というような思いの方が強くなるのではないでしょうか。
 
(強くならなかったらすみません)
 
 
 
 
そこで、今回は真の"バースデーサプライズ"を実現するべく、
 
まったく誕生日ではない人をいきなり祝ってみました。
 
 

 

 

 

ターゲット

今回のターゲットは、飯塚D(以下、マコ)です。

f:id:POMPoikon2017:20170207230307j:plain

 
今回の企画は、2016夏SOUL'd OUTバンド(小田F)の打ち上げという、
 
筆者が一番好き勝手やって良さそうなイベントに際して行う運びとなり、
 
そのバンドメンバーからターゲットを選出する会議が、F年有志(横田・小田)により開催されました。
 
横田「リアクション良さそう」
小田「4月1日生まれってレアだね」
 
 
などの意見が決め手となり、彼女がターゲットとして選出されました。
 
決行(打ち上げ)の日は、2017年2月5日。
 
マコの誕生日までは55日。
 
 
良い距離感ですね。まさか祝われるとは思っていないでしょう。
 
誕生日でないので料理店のバースデーサービスは使えない(それはそう)、
 
といった困難を乗り越えつつ、
 
打ち上げの焼肉を終えてマーク下で一時解散を告げるときに、
サプライズを行いました。
 
 
果たして、バースデーじゃないのにバースデーサプライズをされた人は、
どんなリアクションをとるのでしょうか…?
 
 
 
 
 

検証

 
 
「一本締めします!お手を拝借…」 
 

f:id:POMPoikon2017:20170207231153j:plain

 
 
「「「…マコ、誕生日おめでとう!!!」」」
 
「えっ!?」
 

f:id:POMPoikon2017:20170207231304j:plain

マーク下で合流した人々からの、
 
クラッカーの嵐とバースデーケーキのプレゼント…
 
 

f:id:POMPoikon2017:20170207232629j:plain

そして戸惑うマコ。
 
 
この表情からして、真にサプライズドな状態であるといえるでしょう。
 

 

「ありがとうございます…!?えっ…えっ? えっ!?
あの、あたし4月なんですけど大丈夫ですか・・・!?」
 
 
 
 
大丈夫です。
 
 
 
 
 
「まだなんですけど、ありがとうございます…
えっ おいしそう!イチゴだ~…」
 
 
 
 
イチゴです。
 
 
 
 
 
「ありがとうございます、まだなんですけど……
……(ヒョイ パク ムシャアッ)」

f:id:POMPoikon2017:20170207233532p:plain

イチゴ食べた。
 
 
 
やらせではなく、誰かから言われたわけでもなく、
 
本当に急にイチゴを食べ始めてくれました。
 
あまりに驚いてしまったがためなのでしょうか…
 

結論

バースデーじゃないのにバースデーサプライズされた人はイチゴを食べ始める。
 
 f:id:POMPoikon2017:20170208000909j:plain
 
↓サプライズの一部始終↓

終わりに

今回企画をやってみて分かったことですが、
誕生日じゃないのにバースデーサプライズをすると、
 
ほんとにビックリしてもらえるとともに、意外と喜んでもらえるのですが、
 
話を通していなかった周囲の人たちも動揺してしまいますし、
 
全体として、なんとなく収拾がつかない感じになります。
 
 
 
 
そもそも、バースデーサプライズは、驚かせることよりも、
 
喜んでもらうことのほうが重要なはずです。
 
 
 
 
あと、誕生日じゃない人に「誕生日おめでとう!」と言うのも、
 
まったく訳が分かりません。
 
 
 
 
 
やはり、バースデーサプライズは、バースデーに行うのが良いでしょう。(それはそう)
 
以上です。ありがとうございました。
 

追いコンバンド紹介③ TRIX(藤原F)

追いコンTRIXバンドバンマスの藤原眞由です。
最後に3回目のTRIXをやって追われようと思います。
あ、東京に戻ってこれたら皆さんまたバンド組んでくださいね~(*´-`)

 

メンバーは、


ギター きむきむ、けいすけ
キーボ さっくー
ベース わたし
ドラム まとば

 

けいすけは1曲だけ乗ってくれます。

 

 

曲は、
懐かしの POWER

Anytime, anywhere
Double up の3曲です。

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170209133912p:plain

【曲について】

POWERはD年夏合宿でも演奏したやばいやつです。スラップ下手くそなので、個人的に腕が死なない曲という理由で当時は選んだのですが、バンドとして合わせるのは超難しかったです。今回も恐らく同じ苦しみを味わうでしょう。

 

Anytime, anywhereはいわゆるフュージョンらしい曲だと思っています。この曲だけけいすけに入ってもらうことになってます。アルバムの最後に入ってるいい曲です!どんなときでも、どこに行ってもPOMPのことを忘れないよって気持ちになれる演奏がしたいです。

 

そして!今までに2回TRIXをやりましたが、ついに!ついに!!みんな(森山さんとか福谷くんとかたけしとか)が弾いてたDouble upをやります!
やっとフュージョンバンドをやってる感が出ますね!
ちなみに今(2/7)まだ音取り終わってなくて弾けてません。やばさしかないです。明日からがんばる。

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170209133939p:plain

【メンバーについて】

今回このメンバーにしたのは、同期でTRIXをやりたかったからです。
キーボさっくーやん?ってなると思います。本当は木宮まゆこちゃんを誘うつもりだったのですが、留学に行くと断られてしまいました.....


で、悩みに悩んで、ふとさっくーとのラインを見たら「いつかさっくーとフュージョンやりたいな~」的な内容のやり取りがあって、あ、さっくー誘うしかないわ、と思って誘ってみたらおっけー貰えたので、わたしは悔いなく追われることができるわけです。さっくー就活忙しいだろうにありがとうございます(T_T)

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170209134012p:plain

【菰口さんについて】

そういえば最近、大好きなギターの菰口さんが脱退してしまって悲しみに暮れています。菰口さんのギターも顔も好きだったのに....


早く新しいギタリストさん入らないかなあという期待と、菰口さんロスによる絶望が入り交じった気持ちでいっぱいです。はあ菰口さん好き......

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170209134033p:plain

【まとめ】

2月寮が閉まるから練習不安だけど、やっぱりわたしは追いコンでTRIXをやりたい、と思ったのが1ヶ月半ほど前......

 

D年の時ほど練習できてないけど、やると決めたので最後までやりきりたいと思います!


かっこよく弾けるかわからんけどいいバンドにしたい!
うわああああがんばるぞおおおおおおお

 

以上、深夜テンションのバンド紹介を終わります。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

追いコンバンド紹介② Mr.Children(野村F)「何がミスターでチルドレンなのか」

こんばんは。

僕が一番好きなバンドであるMr.Childrenを、僕よりもMr.Childrenを好きなメンバーの方たちとやらせていただく野村です。

 

今回一緒に演奏するメンバーの方たちが、いかに僕よりもMr.Childrenを好きかを紹介するために、

今までにPOMPで演奏されたMr.Childrenのライブをご紹介します。

 

①2014年春合宿1日目 Mr.Children バンマス 金子D (Vo.)f:id:POMPoikon2017:20170205170728p:plain

1.十二月のセントラルパークブルース

2.ニシエヒガシエ(ジャズっぽいアレンジ)
3.花 (aiko ver.)
4.ファスナー (with スガシカオ ver.)

 

まずは金子DによるMr.Children、当時C年で参加した野村は図らずも号泣しました。

どう見ても通好みのセットリストに、先輩らしい小慣れた演奏、そして何より曲が良いとくれば、


どうしても泣いてしまいますよね。

 

特にこの、3.花というスローテンポのバラードを女性ボーカルに歌わせてから、

4.ファスナーを切なハッピーな雰囲気でデュエットで歌い、
最後に美味しいところを持っていったいけなかった金子D

さすがと言ったところです。

 

 

②2015年駒場祭2日目 Mr.Children ギター 石橋D (Gt.)

f:id:POMPoikon2017:20170205172027p:plain

1.彩り
2.優しい歌
3.Sign
4.GIFT
 

 

次は恐縮ながら自分のバンマスですが、2014年の駒場祭Mr.Childrenです。

当時執行代だった我々現F年で、一際存在感を放っていたギタリスト、

石橋Dにギターをお願いするにあたって、ガチガチに緊張していたのを覚えています。

 

そんな石橋D、即レスで快諾してくれるという男らしさ。

本当にかっこいい人は、何からナニまで速いんですね。

 

  

 

あいにく、この時演奏してくれた石橋Dの写真が見つからなかったので、

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170205174006p:plain

 

同じ日の彼自身のバンマスでの写真でお茶を濁させてください。

 

 

 

 

ちなみにこれは、

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170205180643p:plain

 

この時のMr.Childrenで盛り上がっている高倉D(当時)です。

こんなに盛り上がってくれて嬉しいですね。尊敬します。

 

 

③2015年駒場祭2日目 Mr.Children バンマス 神谷D (Dr.)

youtu.be

 

1.擬態
2.横断歩道を渡る人たち
3.声
4.星になれたら

 

お次は現神谷D(当時)によるMr.Children

一番好きなバンドで後輩に誘われるという、とても思い出深いMr.Childrenです。

 

しかしこのセットリスト、①金子D(当時)のセットリストを優に上回るコアな選曲でした。

 

 

シングル曲が一曲も無いというハードボイルドさ、元々Mr.Childrenが好きなメンバー各員も唸りましたが、

 

 

なんせ曲が良いので楽しく演奏させていただきました。

 

 

 

今回もあいにく、このバンドで演奏する神谷D(当時)の写真が無かったので、

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20170205184525p:plain

同じ年の夏合宿で、


スティックではなくマイク片手にフロアを沸かせる神谷D(当時。別人格ver)

 

の写真でお茶を濁させてください。

 

 

 

 

 

 

こちらも

f:id:POMPoikon2017:20170205184718p:plain

とっても良い写真ですね。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの五月祭でのMr.Childen、

ここ最近では珍しいホーン入りのMr.Childrenだったので、

 

f:id:POMPoikon2017:20170205180643p:plain

高倉E(当時。Mr.Childrenが大好きだけどなかなか演奏できない)も、

こんな表情だったに違いありません。

 

 

 

 

④2016年追いコン Mr.Children バンマス 細井F(Ba.)

youtu.be

 

1.365日
2.くるみ
3.東京
4.Starting Over
5.ファスナー(with スガシカオ ver.)

 

最後は現代POMPのポップス魔人細井F(当時)の追いコンでのバンマスです。

このバンドも、追いコンで先輩に誘ってもらえるという、思い出に残る一バンドですね。

 

大バラード2曲から始めるという細井F(当時)節が存分に発揮され、

徐々に盛り上がり、最後は切なハッピーな雰囲気でファスナーで締める、

という憎い選曲。

 

今回ばかりは金子Dのリベンジも達成し、

 

 

 

 

 

 

あの時(2014年春合宿Mr.Children)は渋い顔をしていた細井D(当時)も、

f:id:POMPoikon2017:20170205181656p:plain

 

 

 

 

 

 

満足気な細井F(当時)になって安心しました。

f:id:POMPoikon2017:20170205181454p:plain 

 

 

 

 

 

 

やったね。

f:id:POMPoikon2017:20170205180643p:plain

 

 

 

 

 

⑤2017年追いコン Mr.Children バンマス 野村F(Key.)

f:id:POMPoikon2017:20170205184055p:plain

 

さてここまで、各メンバーがMr.Childrenへどんな思いを持っているのか、好き勝手に書かせていただきました。

最後に僕も、今回のバンドへの意気込みを少しだけ。

 

Mr.Childrenって変な名前ですよね。MrなのにChild。さらにChildrenってなんやねんっていう。

 

 

 

 

 

 

 

さてここで問題ですが、
この記事の中で僕は何回Mr.Childrenと言ったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、あなたが数え終わるのに8秒かかりました。
この記事を8秒分伸ばします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然しょうもないことを言いましたが、

僕はずっとこういうことを言っていきたいなと思っています。

 

 

 

 

大体言いたいことは言えたような気がするので、あとは、

3/5(日)当日のライブを楽しんでいただければ幸いです。

 

 

それでは。

www.youtube.com

 

 

 

 

追いコンバンド紹介① オフコース(向井F)

こんにちは。向井です。


新春ライブも無事終わり、いよいよ追いコンも間近に迫ってきました。そこで今回から追いコンに向けて、各バンマスによるバンド紹介をしていきます!

 

前回までの記事があまりにも面白かったので、ここで僕が更に面白い記事を書いてしまうと次の人が困るでしょうから、バンド紹介第1弾ということで今回は真面目に紹介していこうと思います。

 

さて今回の追いコンですが、僕はバンマスではオフコースをやります。
彼らです。(若い...)

f:id:POMPoikon2017:20170128152719j:plain


オフコースといえば小田和正を中心とした80年代を代表するバンドですが、ここで簡単に小田和正の経歴を見てみましょう。

 

小田和正は1947年に横浜に生まれ、数々の名POMPerを輩出したことでも有名な聖光学園に入学します。そして聖光学園の同級生によってオフコースが結成されます。大学でもバンドを続け、ヤマハのバンドコンテストの全国大会で優勝したら音楽をやめて建築の道に進むつもりだったそうですが、結局赤い鳥に敗れ2位となり、音楽を続けることを決心したそうです。(因みに大学の卒論の原題は「建築との訣別」)

 

 

曲のイメージとは裏腹に、

文化放送でつまらなくなって本番中に本を読みだし出禁になる
・女子アナに「君は学校で何を学んだの?」言って泣かせる
オフコースが売れだした頃に園遊会を断る
松たか子にダメ出しをしすぎて泣かせる

など、若い頃から様々な香ばしいエピソードがあり、最近は昔に比べると丸くはなったようですが、今でも街中で集まってくるファンの女性たちに対し、「ババァが邪魔して前に進めない」と言うなど口の悪さは健在のようです。

しかしどれだけ性格が悪かろうとも数々の名曲を生み出しており、69歳になった今でも精力的に活動しています。

 

 

さて、ここから今回のバンドの紹介です。

〈メンバー〉
Vo 向井
Cho 佐柳さん
Cho 金子さん
Cho 原田
Gt 小池
Gt 仲谷
Ba 細井さん
Dr 境さん
Key 野村

 

最高の演奏陣ですね。

乗ってくれたメンバーに感謝です。

 

 

そもそもなぜ追いコンでオフコースをやろうと思ったかというと、単純に小田和正が一番好きなアーティストだからなのですが、D年の夏合宿、DE年の春合宿(弾き語り)にバンマスをやったりとPOMPのライブでもとても思い入れの深いバンドだからということもあります。

 

今回のセトリも本当に名曲中の名曲ばかりなので楽しみにしておいてください。

 

最後にやる曲の中で一番マイナーそうな曲を貼っておくので是非予習用にどうぞ。

youtu.be


それではこの辺で。