エフコロ あたまガバガバインターネット

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフコロ あたまガバガバインターネット

POMPのF年(2017年3月卒業)による新時代のウェブメディア。

【提案】卒業旅行をダーツの旅にしたら飽きずに旅行できるんじゃないの?

ライター小池
 
 
こんにちは、小池です。
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220195609p:plain

 
 
突然ですが、みなさん卒業旅行は行きますか?
 
 
 
 
大学4年生のこのくらいの時期になると、サークルの仲間やクラスメイト、はたまたなぜだかよく一緒にいる奴らなど、色々なコミュニティで『卒業旅行』が企画されると思います。
 
 
人生の夏休み、華の大学生活。
 
安さしか取り柄のない小汚い中華料理屋で、99パーセントが皮と油でできてるんじゃないかって勢いのうっすーい餃子を、発泡酒と全く見分けのつかないビールで流し込む。
口にした途端に忘れてしまうようなどうでもいい話を、まるで世界の終わりかのような緊迫感をもって繰り返す。
残るのは二日酔いと、ちょっとばかりの淋しさ。
ものすごく楽しいわけではないけれど、なんだかんだ愛おしい日々。
 
 
そんな時間を共にした同志たちと、普段とは違う土地に出かけ、何日間も朝昼晩一緒にいて濃密な時間を過ごす。
 
そして、その旅を区切りに、学生生活を懐かしむ側の世界へと足を踏み入れる。
 
 
 
 
 
あぁ、こんなに素敵なイベントがあっていいんでしょうか、卒業旅行
 
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーん・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
けど・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220200258p:plain

卒業旅行、飽きませんか?!
 
 
 
 
 
あのコミュニティで台湾に行ったと思ったら、今度は別のコミュニティでも台湾に....
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、ワンパターンなんです、卒業旅行の行先って。
 
 
 
 
特に色んなコミュニティに属しているほど、行先が似たり寄ったりになってきて、卒業旅行に飽きてきます
 
 
≪参考①≫
東京都内の大学4年生の卒業旅行の行先→99%が台湾
 

f:id:POMPoikon2017:20161220201708p:plain

(嘘です) 

 

≪参考②≫
卒業旅行に飽きたと感じている大学4年生の割合→99%

f:id:POMPoikon2017:20161220200640p:plain

 
(嘘です)

 

 
なんと、99%もの大学生が卒業旅行で台湾に行き、同じく99%もの大学4年生が卒業旅行に飽きているのです。(嘘です)
 
 
せっかく高いお金と時間を使って旅行に行くのに、「もう卒業旅行の『ソ』の字も見たくない...」となってしまったらもったいなくないですか?!(繰り返しますが、そんなことにはなりません)
 
 
 
 
 
 
 
...というわけで、我々東大POMPのF年としては、卒業旅行に飽きないために、なんとかクリエイティブな旅行をプランニングしなきゃいけないわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこで今回はこんなご提案をさせて頂きたく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卒業旅行を『ダーツの旅』にしてみませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220203911p:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、日本で暮らした人なら知らない人はいないであろうあの伝説的番組、『ダーツの旅』
 
 
回る日本地図目がけてダーツの矢を投げ、矢が刺さった場所へと旅をする
 
 
 
これを卒業旅行に取り入れることで、想像もできないようなワクワク感・スリリングさを体験でき、台湾に卒業旅行に行って飽きてしまうリスクをもゼロにできるのです!
(しつこいようですが、台湾に卒業旅行に行っても飽きません)
 
 
 
というわけで、卒業旅行の新たなカタチを見つけるべく、早速検証を開始してみたいと思います。
  
 
 
 
 
 
 

検証場所と今回の協力者紹介

 
 
 
さあ、そんなわけでやって来たのは、都内某所のこちらの
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220204813p:plain

 

 

 噂を聞きつけて、僕の親愛なる戦友たちも駆けつけてきてくれました。
 
 
 
今回はこの家で『ダーツの旅』のためのダーツをするわけですが、『ダーツの旅』に必要な『回る日本地図』がないとはじまらないので、家の主に作ってもらいました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その『回る日本地図』 がこちら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220210630p:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーん、まごうことなき『回る日本地図』
 
 
 
 動画はこちら。
 
 
 
 
あり得ないくらいスムーズに回転します。
 
この回転のスムーズさ、今まで見てきた『回る日本地図』の中でもダントツで一番です。
 
 
 
 
 
 
裏面に何やら怪しげな円盤と扇風機の羽のようなものが貼ってあり、どれだけ全力で回転させても外れない仕様になっています。すぎょい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220205658p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、こんな非の打ちどころのない『回る日本地図』をつくれる人って一体...?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、今回ご協力していただいたマッド・サイエンティストの先生がこちら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:POMPoikon2017:20161220210709p:plain

 
 
 
 
 
マッドサイエンティスト・タク・ジン先生です。
 
 
 
僕もTVで何度も拝見している大変高名な先生なので、まさかこんな企画に参加してくれるとは思いませんでした。
 
 
 
かつては東大POMPの合宿係として、あのゆうげん荘オーナーゆいからむを手なずけようとするあまり自分がゆいからむになってしまったとか、なってしまっていないとか。
 
 
 
 
 
 
早速この『回る日本地図』についてお話を伺ってみました。
 
  
 
 
 
 
 
 
~インタビュー~

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220212233p:plain≪小池≫ 

「この『回る日本地図』、全部ご自身で作られたんですか...?

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220211853p:plain≪タク・ジン先生≫

「はい。昨今の旅行プランの飽和はしばらく前から感じていました。それをみていると自然と、ダーツの旅へのニーズが市場に起こることは予測していましたので。ここ数年で若者は「安全が保障されている日本国内で、それでいて何かしらのスリルを味わいたい」といった傾向があるように思いますね。」

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220212233p:plain≪小池≫ 

「なるほど...すべては計算通りだったというわけですね...シンプルそうで結構複雑なガジェットに見えますが、どうやって作られたのですか?

 

 


f:id:POMPoikon2017:20161220211853p:plain≪タク・ジン先生≫ 

「今回のプロダクトは非常にエコフレンドリエナジーセイヴィングです。原料としては廃棄パソコンと、資源ごみ置き場から供給された段ボール。このように既存のマテリアルユーティライズしながら今まで世界になかったものを生み出す、とてもクリエイティブプロセスを経てプロデュースされています。」

 



f:id:POMPoikon2017:20161220212233p:plain≪小池≫ 

「(わかったようなわからないような....)なるほど、よくわかりました。ただタク・ジン先生はものづくりの人というよりはマッドサイエンティストというイメージだったので意外でした。」

 

 


f:id:POMPoikon2017:20161220211853p:plain≪タク・ジン先生≫ 

「私にとってサイエンスエンジニアリングもそれほどディファレントなものではなく、互いにアグリーするパーセプションシェアされればイージーに手段と目的が入れ替わるリレイションにあります。」

 

 


f:id:POMPoikon2017:20161220212233p:plain≪小池≫ 

「(よくわかんないけどファンキーでポップだ...)いやー、さすがタク・ジン先生、ものごとの本質が良く見えていらっしゃいますね。それでは最後に、先生にとって『科学』とは何ですか?

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220211853p:plain≪タク・ジン先生≫ 

サイエンスとはソフィスティケイトされたネイチャーとのコミュニケーションサムタイムズ藪からスティックに飛び出すクエスチョンシンシアリーストラグルするロングラスティングでありながらエポックメイキングアクティビティわたくしも皆さんと同じミュージシャンで世界のカッティングエッジに立つことがスプリームジョイ天然リバーブであなたたちの世界。あれ?なんか今別の人が喋ってました?」

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220212233p:plain≪小池≫ 

「(なんだこのひとこわい...そろそろ切り上げよう......)いやー、さすがタク・ジン先生。先生のおかげで世界の見え方が変わりました。本日は本当にありがとうございました。」

 

 

 

 

 



目をキラキラさせながら『回る日本地図』について語るタク・ジン先生は、なんだかとても素敵でした。ありがとうございました。

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161220233524p:plain

 

 

 

 

 

 

いよいよダーツ本番に...!

 

 

 

それでは、そろそろ前置きは終わりにして、ダーツの本番に入っていきましょう。

 

 

 

ダーツと『回る日本地図』の距離感を確かめたところで・・・

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221023125p:plain

 

 

 

 

タク・ジンさんが『回る日本地図』をスタンバります。

 

f:id:POMPoikon2017:20161221020242p:plain

 

 

 

対する僕の方も、ダーツの矢をスタンバイ

 

f:id:POMPoikon2017:20161221020327p:plain

 

 

 

旅行の行先が全て委ねられている1本のダーツの矢を前に、戦友たちも固唾を飲んで見守ります。

その目はみんな真剣そのもので、緊張感は最高潮に達しています

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221023945p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、ついにタク・ジンさんの手によって、『回る日本地図』が回されました!!!

  

 

f:id:POMPoikon2017:20161221022400g:plain

 

 

 

 

 

 

 

『回る日本地図』目がけて、僕もダーツを・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投・・・

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221025015p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投げ・・・

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221025032p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投げる!!!!!!

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221023632g:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーツが『回る日本地図』めがけて投下され、スパッ、と刺さりました!

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『回る日本地図』は回り続けます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221025619g:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ回り続けます・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221113739p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん・・・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221025619g:plain

 

 

 

 

 

お、ついに・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221112740p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

止まりました・・・・・・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221112938p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーツの矢が刺さった場所は・・・?

 

 

 

ついに『回る日本地図』が止まりました。

 

 

 

 

 

果たして、ダーツの矢が刺さった場所はどこなのでしょうか...?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一同、祈ります・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221103428p:plain

 

 

 

 

 

 

 

おそるおそる、近づいていきます・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221101849p:plain

 

 

 

 

 

もっと、近づいていきます........

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221102042p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、これは.......まさしく...........

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221112938p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、まさか・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221102400p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

か・・・・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221102728p:plain

 

 

 

  泣く子も黙る香川県さぬき市』だぁーーーーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221103801g:plain

 

 

 

 

 

 

行先は『香川県さぬき市』になりました

 

 

 

 

 

 

f:id:POMPoikon2017:20161221104044p:plain

 

てなわけで、ダーツの結果、POMP卒業旅行(F旅)の行先は香川県さぬき市』に決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*(^o^)/*

 

f:id:POMPoikon2017:20161221104338p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、来たる2017年3月28日から3月30日まで、我々東大POMPのF年一同で、香川県さぬき市まで行ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年追いコンの目玉プログラムのひとつ、『エフコロ』

 

 

 

 

 

今後、クリエイティブジョイフルなライタ―陣が、エキサイティングな企画を続々とお送りしていきますので、乞うご期待・・・